【社長】斉藤元章の顔画像や結婚、家族は?仕事の流儀は放送中止!?

こんにちは、ゆるです。

驚きの報道がありました。

助成金の不正受給をし、4億3000万円をだまし取ったとして、
スーパーコンピューター(スパコン)ベンチャー企業社長の斉藤元章が逮捕されました。

今回は斉藤元章容疑者について気になった事について書いていこうと思います。

今回の不正受給事件の詳細は?

それでは事件の詳細を見ていきましょう。

経済産業省が所管する法人から助成金約4億3000万円をだまし取ったとして、東京地検特捜部は5日、詐欺容疑で、スーパーコンピューターの開発を行うベンチャー企業の社長斉藤元章容疑者(49)=東京都千代田区=ら2人を逮捕した。

大規模計算、効率良く=新方式の光量子コンピューター-東大

 ベンチャー企業は、2010年設立の「PEZY Computing(ぺジーコンピューティング)」。他に逮捕されたのは同社元役員の鈴木大介容疑者(47)=同=。
 特捜部は同日、千代田区の同社本社など関係先を家宅捜索した。押収した資料を分析し、実態解明を進める。2人の認否は明らかにしていない。
 逮捕容疑は14年2月、ベンチャー企業への助成事業を実施する新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)に対して事業費用を水増しした実績報告書を提出し、助成金約4億3100万円をだまし取った疑い。
 ペジー社などは今年10月、世界トップクラスの省エネ性能を誇るスーパーコンピューターを開発したと発表し、注目を集めた。経産省によると、同社は10~17年の間、5件の事業でNEDOから助成金を受け取っていたという。
 斉藤容疑者は新潟県生まれで、新潟大医学部卒業後に東京大大学院医学系研究科修了。これまでに複数のベンチャー企業を創業してきた。(2017/12/05-12:25)

引用元:https://www.jiji.com/jc/article?k=2017120500472&g=soc

ニュース内での斉藤元章について経歴が書いてありますが、
かなりの優秀な人物だったのですね。勿体ないです。
これからはIT、コンピューターの時代ですから、

このように助成金の不正受給で逮捕されるのは非常に残念に思います。
書類提出だけで4億という大金を一時的に稼げるから、手を出すというのは
いただけないです。

普通にやっていたら4億ぐらいは稼げる企業だと思うので、何だかなぁと思います。

斉藤元章の素顔画像は?

そして斉藤元章はどんな素顔をしているのだろうと気になり、
彼の顔画像を調査してみましたが、

普通に有名な方でしたので、検索しただけで顔画像がありました。

引用元:http://ja.catalyst.red/articles/saito-watanabe-talk-1/

斉藤元章の素顔画像を見ると、
やはり賢そうな方だなと個人的な印象です。

斉藤元章は結婚していて家族はいるの?

そして斉藤元章は結婚して家族がいるのか調査しました。
調べてみても、彼の結婚に関する妻や子供について調べてみましたが、

そういう情報はありませんでしたので、
おそらく独身なのかなという感じです。

でも、もし結婚していないのでしたら意外だなと思いました。
これだけ優秀な方は、世の女性は喉から手が出るほどの方だと思うので、
なんだか意外におもえました。

結婚していたらすみません(笑)

仕事の流儀プロフェッショナルは中止?

そして、斉藤元章は12月11日の【プロフェッショナル仕事の流儀】に出演する予定でしたが、
今回事件を起こしてしまった事で、

プロフェッショナル仕事の流儀の公式ページを確認したら、
放送内容が白紙になっていましたので、恐らく中止になるのでしょう。

内容は人工知能についてでしたので、
AIについてのお話しを聞いて見たかった方からすると、
非常に残念でならないですよね・・・

僕も人工知能やAIについて興味があるので、
見てみたかったです・・・

ネット上の声

そして今回の不正受給について他の皆様はどのように思ったのか、
意見や反応を見ていきましょう。

●うっそ!夕べのプロフェッショナルで次回予告に出てた人やん!

●バイオベンチャーも怪しい企業が沢山ある。
毎年大赤字なのに従業員や研究費を賄えて潰れないのはカラクリがありそう。経費の水増しはありそうだな。

●補助金は審査を通過したものだけが支給対象になるので比較的詐欺が起こりにくいが、助成金はある一定の条件を満たせば全部が支給対象になるため、ザルに近い。公務員は要件さえ満たしていれば、口を挟むことはない(余計な仕事は自分で作らない)ので、容易に詐欺ができてしまう。助成金詐欺が頻繁に起こるのは、制度的な問題と、公務員の働き方の意識に原因がある。

最後までお読みいただきありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする