dodaは一体どんな転職サイト?おすすめの方は?

dodaは、転職支援サービスとしては、「リクナビNEXT」に次いで求人数の多い、国内でもトップクラスの規模の転職サービスです。リクナビNEXTとの違いで言うと、前述のとおり「転職サイトとエージェントのサポートがセットになっている」というところでしょう。

通常の転職サービスにおいては、「転職サイト」と「転職エージェント」とで両方を担っているというところはあまり多くありません。dodaではこの2つをセットで対応し進めることによって、求人情報の比較検討から面接準備、その後の年収交渉など、はじめから終わりまでのトータルサポートが実現されやすくなります。

また、dodaのみに求人を出している企業も多くあるということで、「より多くの求人情報を確認しながら、転職の手厚いサポートも受けていきたい」という方にはとてもオススメの転職サービスです。

dodaをオススメできる、4つのポイント

doda(デューダ)3つのオススメポイント。求人の質・量ともに抜群の良さ!!企業からのスカウトメールがとにかく多い!IT・エンジニア系・技術系の求人情報が豊富。職務経歴書作成・面接対策など、 転職活動成功のためのサポートも充実

「求人数の質・量ともに抜群の良さ!」

doda(デューダ)を利用された転職者の方々で、とにかく多いコメントは「求人情報がとても多く、かつ品質が良い」というところです。求人情報を比較検討しながら進めていきたいという転職者の方からすると、「求人情報の質と量」はまさに外せないポイントですよね

また、dodaは「dodaのみが扱っている求人」、更には一般には出回らない「非公開求人」を多く抱えており、その数は常時全国10万件の求人情報の約8~9割ほど。つまり、dodaの転職サービスに登録するとそれら9万件ほどの非公開求人も検討候補として参照できる、ということですね。

ちなみに、「非公開求人」とは、企業が社名を明かさず人材を募集することです。なぜ企業は非公開で人材を募集するのかというと、大きく以下の3つの理由があります。

  • 企業側で、急な採用が必要となり、求人を公開して募集する時間がない
  • 企業の人事採用側の事務コストの節約
    (公開型求人は、関係各所への連絡や情報更新等の作業が発生するため)
  • (同業他社にあまり知られずに進めたいというような)
    機密性の高いプロジェクトや事業戦略に関わる人材採用
「非公開求人」とは?=企業が社名を明かさず人材を募集すること。▽企業が非公開求人を行う理由。・企業側で、急な採用が必要となり、求人を公開して募集する時間がない・企業の人事再世側の事務コストの節約・機密性の高いプロジェクトや事業戦略に関わる人材採用。男性「非公開求人には好条件案件が多い傾向があります。」

つまり、非公開求人は、「企業側での採用における緊急性や重要性が高い場合が多く、かつ好条件のものが多い」ということです。また、非公開求人は大企業から出されているケースが非常に多いです。

実際にdodaを利用された方の声

 

非公開求人が多いのが魅力

他のサイトと比べて取り扱っている求人数が多い印象がありました。
また、非公開求人などdodaでしか見ることの出来ない特別な求人も多数あり、就職先の選択肢が広がるというメリットがあります。
(20代男性・製造業技術職・年収400万円)

 

希望の分野で紹介してくれました

自分の調べている分野からおすすめの企業をピックアップしてお知らせしてくれたので、今の会社を見つけることができました。
その後、採用までの日程調整やこちらの希望など細かいところまで気を使ってくれたので助かりました。
(30歳男性・システムエンジニア・年収500万円)

「企業からのスカウトメールがとにかく多い!」

他の転職サービス同様、dodaの転職サービスに登録すると、企業側からのスカウトメールが届くことがあります。dodaではこの企業からスカウトメールが送られる頻度がとても多く、サービス利用者ひとりあたりの月平均のスカウトメールの受信数は20件を超えるくらいの時期もあるようです。

業種や規模、待遇の条件など、「どんな企業からスカウトメールが来るか」を見ることによって、自身の市場価値の確認にもなるでしょう。スカウトメールの設定についてはプライバシー設定も柔軟にできるので、名前やメールアドレス、現在の勤め先情報などは知られずにスカウト機能を利用することが出来ます。

実際にdodaを利用された方の声

 

こまめに連絡してくれました

こまめに連絡がくるのがよかった。
譲れない条件を整理してくれて、希望の条件に合致した案件を提案していただけた。
(32歳女性・システムエンジニア・年収500万円)

 

とにかく一日のメール量が多い

一番気になったのは、求人紹介のメールが一日に何十件も送られてくることです。
自分が提示した条件に合致した求人なのであれば数十件来ても好意的に受け止められますが、私の場合8割くらいは全く条件に合っていない求人の紹介でウンザリしました。
(20代男性・製造業技術職・年収400万円)

「求人情報に、IT・エンジニア系・技術系の業種が多い」

dodaの求人情報では、IT・エンジニア・技術系の業種が多く、全掲載数の約50%を占めています。ITエンジニアやモノづくりエンジニアといった専門サイトも用意されています。「VR」や「AI(人工知能)」、「ビックデータ」や「ドローン」など、今話題になりつつある技術に関わるような仕事をしたいという方にもオススメの転職サービスと言えるでしょう。

また、dodaの良いところは、そういったエンジニア希望の転職者を対象とした、「転職イベント」「個別相談会」を定期的に開催していたり、「自分の今の市場価値、キャリアが求人企業の求めているものに達しているかが不安・・・」という方向けの、「適性診断」サイトを用意しているなど、直接の転職活動以外にも様々な付帯サービスを展開しているところです。 転職初心者で不安が多い、という方も、一度dodaのそれらサービスを利用されると良いかもしれませんね。

実際にdodaを利用された方の声

 

内定まで1ヵ月でした

転職前にフリーランスで仕事をするかどうか迷っていた時にdodaでの求人情報の多さを利用してみようと思い、利用しました。
登録してから内定を得るまで、わずか1ヶ月で結果が出たスピード感が良かったです。
(42歳男性・システムエンジニア・年収480万円)

 

IT業界に詳しいアドバイザーの方でした

アドバイザーによっては、IT業界やその職種に詳しいことがあり、気になる企業の深いところまで聞くことが出来たことが良かったです。
また、担当のキャリアアドバイザー用のLINEアカウントが用意されており、気軽に質問等行えることも良かったです。
(26歳男性・システムエンジニア・年収330万円)

「職務経歴書作成・面接対策など、転職活動成功のためのサポートも充実」

応募書類の添削・面接サポート。面倒な手続きを代行。年収・入社日などの交渉。

dodaを利用した方の声の中でも特に多いのが「職務経歴書についてのアドバイスや添削をしてくれる」「面接対策のサポートが手厚い」といったものです。

今回が初めての転職という方の中には、職務経歴書の作成に馴染みのない方や、採用面接の際に何を聞かれるのか不安に感じている方も多いかもしれません。

そんな方々にとって、dodaはうってつけのサービスと言えるでしょう。

職務経歴書の作成や面接対策の点でdodaが優れているのは、キャリアアドバイザーとは別に、面接や職務経歴書専門のアドバイザーがいるためです。

専門アドバイザーはいずれも、かつて人事担当として採用活動に関わってきた経験もあるため、「その企業にとって必要な人材とは?」「採用されるためにはどんな受け答えが好まれるのか」を熟知しているのです。

自己PRや志望動機などの内容を事前に提出しておく必要がありタスクは増えますが、その分丁寧な指導を受けることができます。
プロのアドバイザーからのサポートが欲しいという方は、dodaを利用してみると良いでしょう。

実際にdodaを利用された方の声

 

熱意が伝わりました

何と言っても、選べる企業数がとても多かったので色々な転職先を検討出来たのが良かったです。
担当者の方もしっかり教育をされてるお陰か、アドバイスが凄く的確で良かったです。
絶対に内定してほしいと言う担当者の熱意がとても伝わりました。
(40代男性・広告代理店営業・年収500万円)

 

面接突破のためのテクニックを伝授してくれました

書類選考を突破したあとは、面接試験を受ける前に、模擬面接を実施してくれました。
キャリアアドバイザーが面接官の役をして、私と模擬面接をするのです。
その場で、私の言葉遣いや、目つき、答え方などについてアドバイスをしてくれました。
これもテクニック的な面で参考になりました。
(40歳男性・介護施設人事・年収600万円)

dodaの転職サービスは、こんな方にオススメ

  • とにかく求人情報の質と量にこだわって、比較検討しながら転職活動を進めたいという方
  • 転職エージェントの手厚いサポートを受けながら、転職活動を進めていきたいという方
  • 企業からのスカウトメールを貰うなど、求人企業からの反応も観ながら転職活動を進めたいという方
  • IT・エンジニア系・技術系の転職を検討されている方
  • はじめての転職で、自身の適性や市場価値などを確認しながら転職を進めていきたいという方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする