【わろてんか】新一兄さん役千葉雄大がナレ死でネット上で大炎上!?

こんにちは、ゆるです。
NHK連続テレビ小説「わろてんか」の新一兄さんを演じてる「千葉雄大」さんがナレ死というワードが凄く話題になってます。

スポンサーリンク

今回は、ナレ死という聞きなれない言葉について、今回のナレ死でのネット上の声を書いていこうと思います。

ナレ死ってどういう意味?

さてさて、ナレ死についてご説明していこうと思います。
ナレ死とは、登場人物が死亡シーンを撮影放送されることなく。
ナレーションの語りだけで、死亡処理されてしまうことを、ナレ死と呼ばれています。
このようなシーンは昔の時代劇とかによく使われるの目にしますよね。
でも、この言葉が世の中に知れ渡ったのは、つい最近のようです。

スポンサーリンク

この言葉が使われ始めたのは、大人気大河ドラマの「真田丸」で、有働由美子アナのナレーションによって、次々と片付けられて、あまりも、多かった事から、ナレ死という言葉が生まれたそうです。
まさしくネットが普及してから、生まれた言葉って感じですww

新一兄さん(藤岡新一)ってどんな役?

「千葉雄大」さんが演じた、新一兄さんは、今作のヒロイン・てん(葵わかな)の兄役でした。
新一兄さんは、幼い頃から病弱で、「いつかはどんな病気でも治せる薬を開発したい。」と夢を見ていました。
ですが、喘息や肺炎が日に日に悪化をします。
この時点で、ファンの間は「死亡フラグ」が立っていると、ざわついていたようです。
そして、今回のナレーションによるナレ死を宣告されました。

今回の新一兄さんの酷い扱いにネット上では炎上?

死亡フラグが立っていると、千葉さんファンの間で、ささやかれていたとはいえ。
まさか、ナレ死で片付けられると、「わろてんか」を観ている視聴者さんは、予想つかなかったと思います。
そこで、今回の新一兄さんのナレ死に対するネット上で炎上していますので、ご紹介します。
https://twitter.com/mote_sup/status/919036095471394816

千葉さんファンからすると、今回の酷い扱いは納得できないですよね。
しかも、千葉さんは人気イケメン俳優ですので、今後の視聴率低下に影響は出るかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする